葉酸は妊活中や妊娠~授乳期の女性にとって重要な栄養素です。

妊活中~妊娠初期の女性が1日に摂取すべき葉酸の推奨量は「480μg」とされていますが、食事のみに頼るのはかなり大変です。

そこで、手軽に摂取できる”葉酸サプリ”に注目が高まっています。

しかし、最近「葉酸サプリは効果なし」という声を聞きます。これは本当でしょうか?

実はこれには薬事法という法律が関わっています。

葉酸サプリは、そもそもサプリメントなので”効果がある”という表記ができません。

法律上”効果がある”と書けませんが、多くの産婦人科医が葉酸サプリの使用を推奨しているほど、妊活中や妊娠中の女性にとって必要不可欠であることは変わりません。



葉酸サプリは補助目的で摂る


サプリの語源はSupplement。

和訳すると「補足」、「補う」という意味があります。

つまり、最も大事なのは日ごろの食生活です。

まずは自分自身が何を食べているのか、栄養バランスや食べる量、時間帯に気を付けることがことが大切です。

不摂生だなと思うところがあれば改善していきましょう。

とはいえ、一日に必要な葉酸の摂取量を食事だけで賄うのはかなり大変です。

また、つわりなどで食事ができないこともあるでしょう。

そうした時こそ、体内に効率的に吸収できる葉酸サプリの出番なのです。


葉酸サプリのいつからいつまで摂ればいいの?


最も重要なのが妊活中~妊娠初期です。

特に妊娠7週目までは、細胞分裂を繰り返し赤ちゃんの脳や脊髄、内臓などが作られる時期です。

赤ちゃんの先天異常は多くの場合、細胞分裂が盛んな妊娠初期に起きるといわれています。

この時期の葉酸摂取により、それらのリスクは軽減されると発表されています。

どなたも、いつ妊娠するかわかりません。

妊娠に気づかず時間が経過していることもあり得ます。

ですから、いつ妊娠しても良いように、妊活しよう、と思った時から葉酸サプリを摂取することが大切です。

また、妊娠中期以降も葉酸サプリは役に立ちます。

流産リスクの低減・貧血予防・早産予防にも期待できるので継続して摂取しましょう。


葉酸サプリは妊娠中だけでなく妊活にも効果的?


葉酸サプリは妊娠しやすいカラダ作りにも必要です。

妊娠するためには、受精卵が子宮内膜に着床・定着する必要があります。

受精したものの着床・定着しなかった場合は「化学流産」と呼ばれています。

葉酸を摂取することで、子宮内膜がフカフカで厚く強化され、受精卵が着床・定着しやすい状態を作り出します。

また子宮内の血行も良くなります。


血流が良くなると、血液を通じて母体から赤ちゃんへの栄養が行き届きやすくなり受精卵の成長促進につながります。

葉酸サプリは妊娠しやすいカラダづくりに働きかけます。

葉酸サプリは妊娠中だけでなく産後にも効果的?


厚生労働省は産後、1日に340μgの葉酸摂取を推奨しています。

この時期は母体のホルモンバランスを整えたり母乳の元となる血を造るのに効果的で役立ちます。

母乳育児を続けているとお母さんの栄養が吸い取られ、貧血気味になるという方も多いです。

そのため、お子さんが卒乳するまでは葉酸サプリを継続することが望ましいでしょう。

葉酸サプリって副作用はあるの?


正しく使用すれば健康に害が無いものとして作られている葉酸サプリですが、用法を誤り過剰摂取すると副作用が起きる可能性があります。

食事から摂取できる葉酸であれば、例え過剰摂取をしても体外に排出されますが、葉酸サプリは体内に吸収されやすく作られているため注意が必要です。

厚生労働省は、妊娠中の目標摂取量としてサプリメントで400μgの葉酸の摂取を推奨しています。

1000μg以上の摂取は過剰摂取にあたり副作用(不眠、じんましん、吐き気、発熱等)のリスクが高まると警鐘を鳴らしています。

飲み忘れた場合のまとめ飲みは厳禁です。

1日の用量を守りましょう。

葉酸サプリの選び方と選ぶポイント


葉酸サプリを選ぶ際には、次の5つを確認しておきましょう。

①1日に400μgの葉酸が摂取できる

これは厚生労働省が推奨している葉酸サプリからの摂取上限量です。この量に満たなければサプリメントとして意味がありません。

②『天然成分から変換されたモノグルタミン酸型の葉酸』である

葉酸サプリの中には、化学合成された葉酸や添加物を使用しているケースもありますが、天然由来のほうが安全性が高いといえます。必ずパッケージを確認しておきましょう。

③妊娠中に必要なビタミンやミネラルをバランスよく配合している

特に葉酸と協力関係にあるビタミンB12が含まれていることが重要です。

④原材料の放射能・残農薬チェックがなされている

中には、放射能・残農薬チェック明記されていない商品もあるので確認が必要です。

⑤飲みやすさ(ニオイの有無・粒の大きさ)

ほんの少しのニオイでも、つわり時は敏感になり吐き気やだるさを引き起こしてしまいます。中には、粒が大きく呑み込みにくいというものもあるので確認が必要です。

おすすめの葉酸サプリは「ベルタ葉酸サプリ」


葉酸サプリはどれも同じだから価格の安いものでいいのでは?と思う人もいるでしょう。

いいえ、そんなことはありません。

中には、化学合成された成分や添加物を使用しているものや、粒が大きく飲みにくいなど、妊活~妊娠中の方にお勧めできない商品もあります。

そんな中、数多くある葉酸サプリの中で、売り上げ、満足度、人気度ともに一位を獲得している商品があります。


それが、ベルタ葉酸サプリです。


上記ぼポイントをすべてクリアしている商品は、ベルタ葉酸サプリだけです。

【ベルタ葉酸サプリの特徴】

  • 厚生労働省が推奨している1日に400μgの葉酸が摂取が可能
  • 自然の酵母にモノグルタミン酸型の葉酸を配合
  • 美容成分(ツバメの巣・ヒアルロン酸等)6種類、ビタミン・ミネラル27種類、野菜21種類配合
  • 衛生管理が徹底された国内工場で製造
  • 原材料の放射能・残農薬チェック済
  • ニオイなし&小さく飲みやすい

なにより、商品開発・研究・お客様サポートをしているのが現役ママ達です。

妊娠の経験を元に、使用する女性のことを考えて作られたベルタ葉酸サプリは、妊活中~妊娠中の女性に最もおすすめの葉酸サプリです。

葉酸サプリについてのまとめ


多くの産婦人科医が摂取を推奨している葉酸サプリは、妊活中から産後まで、あなたと赤ちゃんをサポートしてくれる心強い味方です。

とはいえ、販売されている葉酸サプリの中には、あまりお勧めできない商品もあります。

長く使うものだからこそ、安心して負担なく使用できる葉酸サプリを選んでください。

使用する際には用法を守って正しく使いましょう。